ラ・ミューテのおすすめの使い方

MENU

ラ・ミューテのおすすめの使い方

女性の肌と身体は、とてもデリケート。
生理前や生理中には、肌の状態が変わる人も多いでしょう。

 

実は、これは女性ホルモンが大きく影響しています。女性ホルモンの状態により、肌の状態も変わってくるということ。

 

そんなデリケートな女性の肌がケアできるのが、ラ・ミューテ。
ラ・ミューテは、女性ホルモンに着目した化粧品となっており、肌だけでなく、女性ホルモンを整え、肌を元気にしてくれます。

 

生理前や生理中に肌トラブルに悩んでいる人、年齢とともに肌トラブルが増えたと感じている人にとって、ラ・ミューテはきっと心強い味方となってくれますよ。

 

ラ・ミューテの効果を最大限引き出すおすすめの使い方は?

ラ・ミューテでスキンケアをはじめようと考えている人は、より効果的な使い方をしたいと思っていますよね。

 

せっかく取り入れるアイテムですから、効果ある使い方をしたいもの。

 

まず、ビオリズム洗顔フォームの基本の使い方は、1.5pから2p程度が一度の使用目安量。

 

手を綺麗に洗ってから洗顔料を手にとり、たっぷりと泡立てます。そして、顔全体に泡をのせて優しく洗います。

 

汚れが落とせたら、25度以下のぬるま湯で10回を目安にすすぎましょう。洗い残しがない様にすることが、洗顔のポイント。

 

洗顔後は、エンリッチ化粧水での潤いケア。

 

1回の使用量は、500円玉大となっており、手に化粧水をとり、顔全体に馴染ませていきます。感触を確認しながら、肌に優しく抑え込みましょう。

 

一度の使用で乾燥が気になる場合には、重ね付けがおすすめ。気になる部分に適量とり、更に優しく抑え込みましょう。

 

最後は、アドバンス保護美容液で保湿。

 

目安量は6滴から10滴程度となっており、顔全体に馴染ませます。目元や口元などは、少量指にとってとんとんと指の腹で馴染ませると良いでしょう。

 

これが基本の使い方ですが、肌の状態は季節によっても変わるもの。そのため、臨機応変なケアも必要です。

 

例えば、生理中は肌が乾燥しやすくなります。生理中は、水分も脂分も不足している状態となり、バリア機能も低下し、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

そんな時には、洗顔フォームに美容液を3滴プラスし、贅沢洗顔を行うことがおすすめ。また、部分的に乾燥が気になる場合には、化粧水でのコットンパックをすることがおすすめ。

 

コットンパックは、3分から5分程度放置し、肌の奥まで成分を届けることがポイントです。

 

生理前には、皮脂分泌が増えテカリが気になることもあるでしょう。生理前というのは、毛穴トラブルが起こりやすい時期。実は、そんな時にもパックがおすすめ。

 

テカリが気になると、ついついさっぱりしたケアをしてしまいがちですが、テカリがあるからといって必要以上に皮脂を落としてしまうと、乾燥を引き起こしてしまいます。

 

テカリが気になったら、化粧水をコットンにたらし、3分から5分パックをして潤いを与えることで、過剰な皮脂分泌を防ぐことができるでしょう。

 

このように、ラ・ミューテでは基本のケア方法だけではなく、その都度肌の状態に合わせたケアができるのも魅力的。

 

肌の状態に合わせたケアが臨機応変にできるようになれば、肌トラブルなども起こらない、健康的な美肌を作ることができるでしょう。

 

ニキビに長年悩んでいた人も、ニキビ知らずの肌を目指すことができるはずです。

 

 

ラ・ミューテの効果・成分・口コミなどの詳細ページはこちら